ひだまりブログ

ただいま進行中(N様邸)vol.3

2022年9月29日

朝夕と涼しくなり秋の気配を感じる季節になってきました。1ヶ月ほど
かかった擁壁工事もようやく終わり、現在基礎工事に取り掛かっています。
では、これまでの工事状況をご紹介していきます。

2022.9.2 立上り型枠工事
立上り型枠工事
立上り型枠工事
擁壁の立ち上がり部分にコンクリートを打つための型枠を組んでいきます。

2022.9.8 立上りコンクリート打設
立上りコンクリート打設
今回、擁壁工事の範囲が広いことから型枠工事とコンクリート打設は
建物西側周囲の擁壁と東側周囲の擁壁の2回に分けて実施しています。

2022.9.13 型枠外し
型枠外し
型枠外し

2022.9.15 基礎工事 埋戻し
基礎工事 埋戻し

2022.9.15 地盤調査
地盤調査
建物の位置だしをおこなった場所の数ヵ所に、スクリューウエイト貫入試験
を行い、地盤の強度を測定していきます。地盤の強度が不足するとこのあと
地盤改良となりますが、結果は地盤改良の必要はなく転圧したうえで、地盤
をならしてから基礎工事に取り掛りました。

2022.9.17 基礎工事 掘り方
基礎工事 掘り方

2022.9.23 齋鎮
齋鎮
齋鎮とは、工事の安全と建物の守り神としての役割を担う供物です。
地鎮祭の後、神主さんから頂いた齋鎮を建物の中央部に埋め込みました。

2022.9.23 基礎工事 砕石敷
砕石敷

2022.9.24 基礎工事 土壌処理
土壌処理
建物を建てる場所全体に、土壌処理を施しています。

2022.9.25 基礎工事 土間シート敷き
土間シート敷き
捨てコンクリートを打つ前に土間シートと呼ばれる防湿シートを敷いて
いきます。これは、地面からの湿気を防ぐためのものです。

2022.9.26 基礎工事 捨てコンクリート打設
土間コンクリート打設
捨てコンクリートが、打ち込まれている様子。

2022.9.27 基礎工事 墨出し
墨出し
基礎の位置を捨てコンクリートの上に正確に墨出しています。

2022.9.28 基礎工事 配筋工事
配筋工事
捨てコンクリートの上の墨出しを基準に、配筋工事と呼ばれる鉄筋を
組んでいく作業に取り掛かりました。



これからの工事進行状況は、配筋検査を受けたのち家の土台となる
基礎工事を順次進めていきます。



 

 

 

ただいま進行中(N様邸)vol.2

2022年9月1日

地鎮祭から約一か月が経過しましたが、現場では現在、擁壁工事が
順調に進行しています。では、これまでの工事状況をご紹介していきます。

2022.8.2 草刈り

まずは、擁壁工事を始める前に伸び切った草を刈り取るところから。

 土地の現状
草刈りが終わり、スッキリとした印象に。

草刈り後 土地
2022.8.3 掘り方

基礎を作るために地盤を掘削しています。
掘り方
2022.8.4 砕石敷

掘り方が完了したので、砕石を敷き詰め、その上からしっかりと
ランマーで転圧して締め固めを行いました。
砕石敷
2022.8.17 捨てコンクリート打設

砕石を敷いた上に、捨てコンと呼ばれるコンクリートを打設しています。

捨てコンクリート打設
捨てコンクリート

2022.8.19 墨出し

基礎の位置を捨てコンクリートの上に正確に墨出ししていきます。

墨出し

2022.8・23 配筋工事

配筋工事と呼ばれる鉄筋を組んでいく作業に取り掛かりました。

配筋工事配筋工事

2022.8.25 型枠工事

土間コンクリートを打設するために、型枠工事を行います。
型枠工事
型枠工事

2022.8.29 コンクリート打設

ミキサー車で運んできた生コンクリートを流し込み、職人さんの
手によって丁寧に均されていきました。
ちなみに、コンクリートの厚みは150mm。

コンクリート打設

これからの工事進行状況は、立ち上がり部分のコンクリート打設が
終わると基礎工事で掘削した残土を埋め戻す作業に取り掛かって
いきます。




ただいま進行中(N様邸)vol.1

2022年8月3日

2022.7.30 地鎮祭

 午前中はあいにくの雨でしたが、地鎮祭が始まる前にピタッと
雨がやみ、N様邸の地鎮祭を執り行うことができました。


地鎮祭
地鎮祭の準備物として紅白幕のテントやイス、テーブル、祭壇、儀式用の
砂やカマ・クワ・スキ 、四方にたてる笹竹やしめ縄などを準備していきます。

地鎮祭
地鎮祭

地鎮祭
祭壇のお供えものの準備も整いましたので、いよいよ地鎮祭の始まりです。
地鎮祭
ちなみに、地鎮祭は地主神を鎮めるとともに家の繁栄と工事の無事を祈る
儀式のこと。施主様ご家族をはじめ、設計・施工者立ち会いのもと地鎮祭
が進んでいきます。
地鎮祭
*四方祓い(しほうはらい)=上写真 神主様が土地の四隅を祓い清めて
いる様子。そのほかにも儀式の中には、工事関係者や施主様が参加される
地鎮の儀があり、盛砂の上に立てた草を設計者が鎌で刈り取る刈初め
(かりそめ)、次に施主様が鍬(クワ)で盛り砂を起こす穿初め(うがちぞめ)
最後に、施工者が鋤(スキ)で砂を均す土均し(つちならし)を行いました。
 その後玉串奉奠(たまくしほうてん)の儀と呼ばれる神主様および参列
者一同が玉串をお供えして拝礼するなどの儀式を執り行い地鎮祭が無事
終了いたしました。

これから本格的な家づくりが始まります。素敵な住まいが完成するように
現場はじめスタッフ一同一生懸命取り組んでまいりますので、よろしく
お願い致します。

また施主様はじめご家族の皆様、この日は暑い中での地鎮祭でしたが、
最後まで大変お疲れさまでした。

これからの工事としましては、擁壁工事を予定しております。また後日
その様子をご紹介していきたいと思います。

 

 

桜便り

2020年4月3日

桜便り
国分川の堤防沿いに植栽した桜の花が少しずつ満開に近づいています。
桜が咲く頃といえば、入学式や新学期、新生活のスタートなど晴れやかな
門出を祝福するイメージがありますが、今年は新型コロナウイルスの影響
でお花見も自粛、入学式や入社式も時間短縮など例年とは違う雰囲気に
春を満喫する余裕がありませんね。

そんな中、自宅で過ごす時間が増えてきましたが、みなさんはどのように
過ごされていますか?私は仕事や時間に追われてなかなか手をつける
ことができなかった片付けのほか、子どもたちに勉強を教えたり、自転車
に乗れない次男の練習に付き合ったりと今の生活だからこそできるゆとり
の時間を楽しんでいます。

ただいま勉強中
4月から1年生になる息子は、職場でただいま勉強中・・・!いろいろ方の
協力のもと、いつもと変わらない日常を過ごすことができています。

 

いつ終息するかわからない不安や自宅待機によるストレスなどコロナ疲れ
が出始めてくる頃ですが、気持ちを前向きに切り替えてこの困難をみんな
で乗り越えていきましょう。

 

 

 

 

 

ひだまりくらぶ 2019年 夏号

2019年7月15日

ひだまりくらぶ -暮らしを楽しむヒミツがいっぱい-

住まいのこと、暮らしの中で役立つ情報など年に4回程、季刊誌「ひだまりくらぶ」
としてお届けしております。ニュースレターをご希望の方は、こちらからお気軽に
お申込み下さい。⇒お問い合わせ

ひだまりくらぶ 夏号
contents

暮らしに+プラス 「食品ストック収納」
食品ストック 引き出し
買い置きの多い食品ストック。なんとなく詰め込んでいると食材を入れた
ことを忘れ賞味期限が切れてしまったり、同じものを何個も買ってしまう
ことがあります。
そこで詰め込み過ぎから食品を管理しやすい収納へと見直してみませんか?

⇒この記事の続きは「暮らしに+プラス」に掲載しています

エコ・ゴコロ 「保冷剤のいろいろな使い道」
洋菓子や生鮮食品などを買うときにもらうことの多い保冷剤。じつは
冷やす以外に使い道があるのをご存知ですか?
保冷剤の主成分である高吸収性ポリマーには水を吸収して固める
性質があり、保冷以外にも様々な場面で活用できます。

○消臭剤や芳香剤に
保冷剤をジェル状に戻し、中身を瓶などに入れます。お好みの香料を
数滴たらし軽くかきまぜたら消臭剤や芳香剤に。

○植物の水やりに
長時間、家を留守にするときに気がかりなのが植物の水やり。こんな
ときは、土のまわりに溶かした保冷剤を撒いておくと水分が徐々に溶
けだし保水剤の役割をしてくれます。

○切り花のオアシスに
透明なガラスのコップに戻した保冷剤を入れ切り花を活けます。
保冷剤がオアシスの役目を果たし見た目も涼しいフラワーアレンジの
出来上がり。時間が経過すると乾くので水を足すことを忘れずに。

ちなみに保冷剤を捨てる際は、水道やトイレに流さないように注意しま
しょう。
水を吸収して結果詰まる原因となるので、可燃ごみとして捨てて下さい。

健康サプリ 「夏の冷房にはご用心」
厳しい夏の暑さに欠かせない冷房。暑い室外から冷えた室内に入ると、
涼しくて気持ちがいいものです。しかし私たちの体は暑さ、寒さに対応
して体温を一定に保つ働きが備わっているため、冷房による体の冷え
すぎや温度差のある室内外を出入りすると体温調節を担っている自律
神経のバランスが乱れ体調を崩してしまいます。これによって起こるのが、
手足の冷え、頭痛、腹痛、肩こり、不眠、食欲不振といった冷房病の症状
です。この冷房病は、正式な病名ではなく主に冷房が原因として起きる
さまざまな症状を総称したものです。

こうした冷房病を予防するためには、室内の温度を下げすぎないことが
重要です。室内の設定温度は25~28℃を目安にし、外気温との差を
5℃以内に保つよう心がけましょう。また家庭では窓を開けて風を入れる、
扇風機を利用して冷気を循環させる、タイマーを利用して一晩中つけ
ないなどの取り組みも効果的。
そして冷房のきいた場所では、カーディガンや膝掛けなどを使い冷え
から体を守るようにしましょう。

このほか、冷たい飲み物や食べ物のとりすぎは体の冷えを招くので温かく
て栄養バランスのよい食事をとり体の内側から温めましょう。なかでも生姜
やにんにく、唐辛子、発酵食品は体を温める作用があるのでおすすめです。
また夏場はシャワーだけで済ませてしまうことが多いですが、なるべく湯船
につかって体を温める、軽い運動(ウォーキングやストレッチ)で血行を促進
させるなど普段から冷えにくい体をつくることも大切です。

環境問題だけではなく健康のためにも冷房の冷やしすぎにはご用心ください。

おうちCafeへようこそ
おうちCafeへようこそ
ガパオライス
[ ] 4人分

鶏挽肉・・・・・・・400g   (調味料A)
玉ねぎ・・・・・・・1玉       砂糖・・・・・・・・小さじ1
赤パプリカ・・・・・1個     オイスターソース・・大さじ2
なす・・・・・・・・・1本         ナンプラー・・・・・大さじ2
にんにく・・・・・・1片            豆板醤・・・・・・・小さじ1╱2
卵・・・・・・・・・・4個
バジル・・・・・・・適量
油・・・・・・・・・・適量

 [ 作り方 ]

1.玉ねぎ・パプリカ・なす・ にんにくをみじん切りにする。
.フライパンを中火にかけ、油・にんにくを入れて香りがでたら鶏挽肉を
     加えて炒める。
3.鶏挽肉に火が通ったらみじん切りにした玉ねぎ・ピーマン・なすを加えて
      炒める。
4.野菜に火が通ったら調味料Aを入れて混ぜ合せ、ちぎったバジルを加え
      て軽く炒める。
5.目玉焼きを人数分作り、お皿にごはんと4の具材を盛りつけ、目玉焼きを
      のせる。

エスニックスープ
[ ] 4人分 
    
エビ・・・・・12尾      
もやし・・・・1╱2袋     
パクチー・・・1株      

(スープ)
水・・・・・・・・・・4カップ
ナンプラー・・・・大さじ1
鶏がらスープ・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・少々
砂糖・・・・・・・・・小さじ1
豆板醤・・・・・・・小さじ1╱2
ごま油・・・・・・・・大さじ1
レモン汁・・・・・・大さじ1

[ 作り方 ]

1.エビは殻をはぎ、背ワタをとり水洗いする。  パクチーは1㎝の長さに切る。

.鍋にスープの材料を入れ中火で加熱する。
3.スープがひと煮立ちしたらエビともやしを加え、エビの色が赤くなれば火を
     止める。
4  3にレモン汁とごま油を垂らし混ぜる。器に盛りつけ、お好みでパクチーを
     添える。


                

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る