ひだまりブログ

ひだまりくらぶ 2018年 春号

2018年4月2日

ひだまりくらぶ -暮らしを楽しむヒミツがいっぱい-

住まいのこと、暮らしの中で役立つ情報など年に4回程、季刊誌「ひだまりくらぶ」
としてお届けしております。ニュースレターをご希望の方は、こちらからお気軽に
お申込み下さい。⇒お問い合わせ

ひだまりくらぶ 2018年 春号
ひだまりくらぶ 2018年 春号

ひだまりスポット
上質な暮らしを叶える木の住まい
「小さな子どもたちと暮らせるわずかな時間を、のびのびとした家で過ごしたい
と思い新築を決めました」と語るK様ご夫婦。
家づくりでは「平屋で、どこにいても家族の気配を感じられるつくり」「夏は涼しく、
冬暖かな自然素材」「動線を考えた間取り」など幾つかの要望を盛り込みました。

⇒この記事の続きはこちらから

エコ・ゴコロ
私服の小学校から一転、中学校に入ると多くの生徒が制服に身を
包みます。制服は初期費用として夏服冬服合せて上下一式揃え
ると約6万~7万円ほど必要になり、これに指定の体操服やカバン
に靴等を合わせると約10万円前後の出費になります。ですが、
学校で決まった制服があると「服装に悩まない」「私服よりも経済的」
などの長所があるため親としては実用的で便利という認識もあります。
また学生だからこそ着られるという特典も魅力のひとつですよね。

ただ長所があれば短所もあり、「成長に合わせて買い換える」「替え
の制服が少ない」などの不便さもありました。実際、大雨の日などは
子どもたちが制服を汚してくることも多く、夜洗濯をして早朝大急ぎ
でアイロンをかけることもしばしば。

そんな愛着のある制服も中学卒業と同時にその役目を終えることに
なります。私服と違い制服の場合は、ずっと着用できないのが欠点
です。悩やんでいるとタイミングよく知り合いからおさがりを譲り受け
たいという相談があり、幸運にも制服は次の持ち主のもとへ。
捨てることができずにタンスの中で眠るよりも、もう一度必要な人に
使用してもらえることは元の持ち主としても嬉しいことです。

現在ではおさがりを譲り受ける習慣から環境負荷や家計負担を
軽減する目的で不要になった学生服を買取り安値で売る学生服
リユースショップが増えているそうです。こうした取り組みが誰かを
笑顔にし、使えるものは大事に使っていくという考えがこれからも
広がれば嬉しいですね。

健康サプリ
春といえば山菜の季節。菜の花をはじめ、ふきのとう、うど、たらの芽
こごみ、たけのこ等の山菜は、この時期にしか味わうことのできない
旬のものばかりです。
これらの山菜の多くはアクが強く苦みを持っているのが特徴で古くから
「春の皿には苦みを盛れ」という言葉があるほど、その苦みが体によい
と食されてきました。
この苦みのもととなるのが「ポリフェノール」や「植物性アルカロイド」と
いう成分。

これらは冬の間に溜まった余分なものを体外に排出する働きを持つた
めデトックス効果があると言われています。例えば山菜に含まれる
「ポリフェノール」には、ふきのとうに含まれるフキノール酸、ケンフェ
ロール、たらの芽に含まれるエラノサイド、こごみやうどに含まれる
クロロゲン酸などがあり、抗酸化力が強く体内の活性酵素を除去して
老化を抑制する働きがあります。また春の山菜に共通して含まれる
「植物性アルカロイド」は、腎臓のろ過機能を向上させ、不要な老廃
物を排出したり、肝臓の機能を高める働きがあります。
ただし、植物性アルカロイドはたくさん食べ過ぎるとお腹をこわすこと
もあるので注意してください。

そのほかにもせりやうどに含まれる香りの成分テルペン類は血圧を
下げたり血行を促進したりする作用があり、たけのこやわらびは食物
繊維が多く、ふきのとうや菜の花、たらの芽はビタミンが豊富に含まれ
ています。

栄養価の高い山菜は調理の際に、アクを抜きすぎないようにして
苦みや香りをいかす工夫が必要です。
春に向けて体の調子を整えるためにも、献立に取り入れてみては
いかがでしょうか。

 おうちCafeへようこそ
ほうれん草のクロックムッシュ
ほうれん草のクロック・ムッシュ
いつもは、シンプルな朝ごはんもゆっくり起きた休日ぐらいはおしゃれな
カフェごはんを作ってみませんか?
食パンにホワイトソース、チーズをのせ、ハムとほうれん草をトッピング
すれば出来上がり。

⇒作り方はこちらから

もやし入りオムレツ
もやし入りオムレツ
野菜ともやしを炒めて、さっと卵に包むだけなのでとっても簡単。
また野菜がたっぷり摂れることやもやしがカサ増しの役目を果たすので、
ボリューム満点ですよ。

⇒作り方はこちらから

 

 

 

 

カテゴリー:ひだまりブログ, ニュースレター|コメントはまだありません

ひだまりくらぶ2017年 冬号

2017年12月28日

ひだまりくらぶ -暮らしを楽しむヒミツがいっぱい-

住まいのこと、暮らしの中で役立つ情報など年に4回程、季刊誌「ひだまりくらぶ」
としてお届けしております。ニュースレターをご希望の方は、こちらからお気軽に
お申込み下さい。⇒お問い合わせ

ひだまりくらぶ2017年 冬号
ひだまりくらぶ2017年 冬号

ひだまりスポット
「心を満たす住みごことのいい家」
住まいも子どもの成長や親世代の高齢化、家族構成の変化など時が
経つにつれて使い勝手が悪くなることがあります。そんな暮らし方の
変化に対応するため住み慣れたわが家の面影を残しつつ、機能性や
利便性を高めるためA様ご家族は住まいのまるごとリフォームを試み
ました。

⇒この記事の続きはこちらから

ieコラム
火災保険というと、その名前から「火災だけの保険」と思われている方
も多いようですが、実は火災だけではなく水災や風災、雷などの自然
災害のほか日常生活における水漏れや盗難などの被害も補償対象に
なることがあります。

今回は、そんな幅広い火災保険の補償内容についてまとめてみました。


 ⇒この記事の続きはieコラムに掲載しています

暮らしに+プラス
折り紙で作る箸袋
お正月やお祝いの席に華やかさをプラスしたいとき、
お手軽にできる演出が「箸袋」です。お気に入りの
折り紙などで素敵な箸袋を作りおもてなしをして
みましょう。

⇒この記事の続きはこちらから

エコ・ゴコロ
「あったら便利」と銘打ったキッチングッズがTVや広告で紹介され
ているのを目にすると、そのアイデアや便利さに惹かれて使って
みたいと思うことがあります。
そこで買っていざ使ってみると「これは使ってよかった」と思うもの
がある一方で、期待外れというものもありました。

ちなみに私が買って正解!と思ったものがフードプロセッサー
です。これひとつで刻む、すり潰す、混ぜるなどの料理の下ごし
らえが簡単にでき、おかげで調理時間が短縮されています。
反対に2回しか使用しなかった、グレープフルーツの果肉をカット
するためだけの専用カッターは失敗でした。

しかし私にとってはいらないものでも他の人にとっては「使って
よかった」と思える便利グッズであり、必要と不要の線引きは使う
人それぞれなのだと思います。

そんな経験から自分にとって本当に必要なものだけを吟味して
買うようになりました。とくに使い道が限定されているものは買わ
ないようにしています。

今では引き出しには限られた調理グッズしかなく持ち合わせの
少ない道具で工夫しています。意外にも持たないことで洗いもの
や片付ける手間が省けています。こうして必要以上に便利なもの
を持たない生活はものを選ぶ基準を明確にし、もので溢れていた
キッチンがすっきりと片付くようにもなりました。

健康サプリ
温泉というと「身体にいい」というイメージを持ちますが、なぜ温泉は
身体にいいのでしょうか。そんな素朴な疑問について調べてみました。

理由その①温泉に入ると身体には「浮力」が働き体重が軽く感じら
れることで筋肉の緊張がほぐされます。また「水圧」がかかることで
血行がよくなり、「温熱」作用によってリラックス効果を得ることができ
ます。これらは入浴によって得られる物理的効果で家庭のお風呂
でも同じ効果があります。

理由その②温泉の泉質に含まれる成分が体内に吸収されることで
有効に働く化学的効果です。これらは湧き出している湯中の成分に
よって単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、二酸化炭素
泉、含鉄泉、酸性泉、含よう素泉、硫黄泉、放射能泉などの10種類
に分けられ成分によっていろいろな症状に効果があります。
例えば、海水の成分に似た食塩を含む塩化物泉は保温保湿効果が
期待でき、きりきず、末梢循環障害や冷え性、皮膚乾燥などの症状に
効果があります。

理由その③温泉地ならではの自然環境に身を置くことでストレスから
解放される「転地効果」もそのひとつです。

こうして色々な要素が組み合わさることで身体によい影響を及ぼして
いる温泉。泉質や効能を味わうのはもちろんのこと豊かな自然を眺め
ながら美味しい食事を食べてくつろぐことができればそれも温泉効果
なのかもしれません。

おうちCafeへようこそ
おうちCafeへようこそ

◇「えび松風焼」

鶏ひき肉ではなく、えびと白身魚のすりみを使用したかまぼこ風のえび
松風焼です。

⇒作り方はこちらから

◇「牛肉の八幡巻き」

地中にしっかりと根を張ることから縁起のよい食べ物としておせちには
かかせないごぼうとにんじんを牛肉でくるりと巻いた八幡巻き。

⇒作り方はこちらから





カテゴリー:ひだまりブログ, ニュースレター|コメントはまだありません

ひだまりくらぶ2017年 秋号

2017年10月30日

ひだまりくらぶ -暮らしを楽しむヒミツがいっぱい-

住まいのこと、暮らしの中で役立つ情報など年に4回程、季刊誌「ひだまりくらぶ」
としてお届けしております。ニュースレターをご希望の方は、こちらからお気軽に
お申込み下さい。⇒お問い合わせ

ひだまりくらぶ2017年 冬号
ひだまりくらぶ2017年 冬号

ひだまりスポット「外から内へ つながる喜び」
ひだまりスポット「外から内へ つながる喜び」
昔ながらの家造りということもあり平屋建ての母屋から少し離れた場所に
水まわり(洗面脱衣所・お風呂・トイレ)が配置され、雨の日も風の日も
昼夜を問わず一旦外へ出て用事をする生活の不便さがありました。
そこでT様ご夫婦はこの住まいに暮らすご両親の年齢を考慮し体の負担
を軽減するため屋外の水まわりを屋内に集約し母屋に増築するカタチで
リフォームされました。

⇒この記事の続きはこちらから

イエマモリ「住まいのお手入れ」
イエマモリ「住まいのお手入れ」
時間の経過と共にいつの間にかできてしまう汚れやはがれ、クギ跡や押し
ピンの跡。汚れは洗剤等で拭き取ることはできても、壁紙のはがれや穴あ
きは補修方法がわからないとそのままにしている人も多いのではないでしょ
うか。手軽にできるメンテナンスで綺麗な壁紙を取り戻しましょう。

⇒この記事の続きはこちらから

暮らし+プラス「テトラ型ラッピングの作り方」
暮らし+プラス「テトラ型ラッピングの作り方」
ちょっとしたプレゼントを渡すとき、知っていると便利な
テトラ型のラッピング。封筒や折り紙、透明の袋など
素材を問わずにいろいろと包め、作り方も簡単です。
貰うと嬉しくなるそんなラッピングしてみませんか?

⇒この記事の続きはこちらから

エコ・ゴコロ「ペーパー加湿器」
空気が乾燥するこれからの季節、室内の乾燥対策として加湿器を使用
する機会も増えてきます。加湿器といえば電源を使用した加湿器が多く
販売されていますが、数年前からどこでも気兼ねなく使えるペーパー
加湿器も販売されるようになりました。

その魅力は電源を必要としないのでエコということに加え低価格で持ち
運びに便利なコンパクトサイズということ、そしてデザイン性が高くおしゃ
れでかわいい加湿器がたくさん販売されているところです。

使い方は簡単で、容器に紙のフィルターをセットして水を注ぐだけ。
フィルターが水を吸い上げ蒸発させる自然気化式なので乾いた空気を
やさしく潤します。加湿能力については他の加湿器に比べ劣りますが、
コップ1杯の自然蒸発量に比べ約10~30倍の効果がありオフィスや
書斎など身近な場所に置いて使用するにはちょうどいい加湿器と言え
ます。

お手入れはというと防菌・防カビ加工が施されているので清潔で汚れが
目立ってきたらフィルターを水洗いすることで長く使用できます。インテリ
アとしてもお部屋に色を添えくれるペーパー加湿器。最近では、エッセ
ンシャルオイルが使える商品も登場し加湿しながら好きな香りを楽しめる
ものもあります。ぜひこの機会に使用してみてはいかがでしょうか。

健康サプリ「読書の秋 目の疲れ」
過ごしやすい季節になると、秋の夜長に読書を楽しむ人も多いのでは
ないでしょうか。読みかけていた本や積読になっていた本など読み始
めたら、いつの間にか時間がかなり経過していたということもあるでしょう。

そして、読み終わった後には目が重い、痛い、かすむといった目の疲労
を感じる症状が現れることがあります。今回は、充実した読書の時間を
過ごすためにも気をつけたい目の健康についてお伝えします。

ポイント①暗い場所での読書は視力の低下や目を疲れやすくするの
で、部屋全体を明るくし、手元が暗くならないように電気スタンドなどを
利用しましょう。

ポイント②読書の姿勢も大切です。無理のない姿勢で本と目の距離
をできるだけ離しましょう。

ポイント③集中をするとまばたきの回数が減り、目が乾燥しやすくなり
ます。目薬をさしたり意識的にまばたきの回数を多くしてドライアイを防ぎ
ましょう。また室内が乾燥している場合も同様に目が乾燥しやすいので
加湿器などで室内の湿度を適度に調節しましょう。

ポイント④長時間の読書は、目の負担になるので1時間ごとに約15分
の休憩を取ることをお薦めします。休憩中は、遠くを見るなどして目を
休ませることに気を配りましょう。その他にも目の疲れをとるマッサージや
蒸しタオルやホットアイマスクを使用して目を温め筋肉の緊張を緩和さ
せるのも効果的です。

おうちCafe へようこそ
おうちCafe へようこそ
◇「ホットフルーツティー」

寒くなるこれからの季節、心も体も温かいものが恋しくなります。そんな
ときは美味しいホットドリンクでほっと一息入れませんか?
紅茶とフルーツの香りが豊かなホットフルーツティーが癒しの時間を演出
してくれます。

⇒作り方はこちらから

◇「ホットチョコレート」

まろやかでコクのあるホットチョコレート。ビターチョコレートを使うことで甘さ
控えめで飲みやすくなります。

⇒作り方はこちらから






カテゴリー:ひだまりブログ, ニュースレター|コメントはまだありません

ひだまりくらぶ2017年 夏号

2017年7月24日

ひだまりくらぶ -暮らしを楽しむヒミツがいっぱい-

住まいのこと、暮らしの中で役立つ情報など年に4回程、季刊誌「ひだまりくらぶ」
としてお届けしております。ニュースレターをご希望の方は、こちらからお気軽に
お申込み下さい。⇒お問い合わせ

 ひだまり2017年 夏号
ひだまり2017年 夏号

ひだまりスポット 「豊かな暮らしを愉しむ家」

 豊かな暮らしを愉しむ家
新たな生活を始めるにあたり中古物件を購入されたY様。暮らしに方に
合わせて間取りを大きく変更するリノベーションと共に、将来予想される
地震に備え、住宅の耐震化を図りました。

 ⇒この記事の続きはこちらから

ieコラム 「住宅耐震化補助制度+上乗せ」
高知県住宅耐震化の補助制度のほかに、市町村によっては補助金の
さらなる上乗せを実施している場合があります。

ieコラム 「住宅耐震化補助制度+上乗せ」

  ⇒この記事の続きはieコラムに掲載しています

 イエマモリ 「夏のお手入れ 排水口の掃除編」
イエマモリ 「夏のお手入れ 排水口の掃除編」
家族が毎日使うキッチンや浴室、トイレに洗面台などの水まわりは、
いつもキレイにしておきたい場所です。ですが、目に見える部分は掃除
をしていても排水口の掃除が後回しということありませんか?汚れを放置
すれば嫌なニオイやヌメリ、詰まりの原因にもなるのでこまめに掃除をしま
しょう。

 ⇒この記事の続きはイエマモリに掲載しています

 エコ・ゴコロ 「夏野菜の保存方法」
夏は気温が高く、冷蔵庫で保存していても野菜がしなびたり、すぐに傷ん
でしまうことあります。じつは、ちょっとした保存方法のコツをしることで野菜
の傷みを防ぐことができます。


 ⇒この記事の続きはこちらから

健康サプリ 「食中毒には気をつけよう」
気温と湿度が高くなる梅雨から夏にかけて、細菌による食中毒が発生しや
すくなります。その原因となる主な細菌に、「腸管出血性大腸菌(O157、
O111など)」「カンピロバクター」「サルモネラ属菌」「黄色ブドウ球菌」などが
あります。これらの食中毒を防ぐには、調理や食事のときに細菌を「つけない」
付着した細菌を「増やさない」細菌を加熱や消毒によって「やっつける」
3つの予防が効果的です。

「つけない」

・こまめに手を洗う
・洗える食材は、調理の前に丁寧に洗う
・生肉や魚などを切った包丁・まな板は使用するたびにしっかりと洗う

「増やさない」

・細菌の多くは、10℃以下で増殖のペースが落ち、-15℃以下で増殖が
停止します。
・生鮮食品は、低温で保存する
・調理後もできるだけ早めに食べきる

「やっつける」

・多くの細菌は熱に弱く、しっかりと加熱する
・使用した調理器具は洗剤でよく洗い、熱湯をかけて殺菌する

食中毒の症状として、腹痛・下痢・吐き気・嘔吐・血便・発熱などが現れます。
比較的症状の軽い場合は、脱水に気をつけて経過をみましょう。症状が改善
されない場合は、早めに医療機関を受診してください。

 おうちCafeへようこそ

 おうちCafeへようこそ
◇「夏野菜ゼリー寄せ」

食欲の落ちやすい季節は、見た目にも涼しげなお料理がおすすめです。
夏野菜のゼリー寄せは喉越しもよく、つるんと食べやすいのが特徴です。

⇒作り方はこちらから

◇「夏野菜の甘酢炒め」

夏野菜には暑い夏を乗り切る栄養素がたくさん含まれています。またお酢
は疲労を回復させる効果があり、お酢でさっぱりと夏野菜をたくさん食べま
しょう。

 ⇒作り方はこちらから

 

 

 

 

カテゴリー:ひだまりブログ, ニュースレター|コメントはまだありません

ひだまりくらぶ 2017年春号

2017年4月14日

ひだまりくらぶ -暮らしを楽しむヒミツがいっぱい-

住まいのこと、暮らしの中で役立つ情報など年に4回程、季刊誌「ひだまりくらぶ」
としてお届けしております。ニュースレターをご希望の方は、こちらからお気軽に
お申込み下さい。⇒お問い合わせ

ひだまりくらぶ2107年春号

ひだまりくらぶ2107年春号

ひだまりスポット
子育てしやすい家事楽な家
ご両親から譲り受けた住まいも経年劣化や間取りの使い勝手など暮らしの
不便さを感じるようになったY様ご家族。そこで既存の建物を取り壊し、
共働き家族ならではの暮らしやすさと子育てのしやすさを考えた新たな
住まいを建てられました。

⇒この記事の続きはこちらから

イエマモリ
畳のある暮らし
フローリングが広く普及し畳のある和の空間が少なくなってきましたが、
青畳の美しさや香り、心地よい感触、ゴロンと横になったときのくつろぎ
など畳には忘れかけていた日本の美の心と癒しが存在します。

⇒この記事の続きはイエマモリに掲載しています。

暮らしに+プラス
子どもの作品 上手な整理方法
のびのびと描いた絵や夏休みの宿題で作った工作など子どもの成長と
共に増えていく作品や思い出の品。「いつまでも残しておきたい」と
捨てられずに溜め込むとあっという間に増えてしまい保管する場所に
悩むことありますよね。そこで今回はどんどん増えていく、でも大切
にしたい子どもたちの作品の上手な整理方法についてご紹介します。

⇒この記事の続きはこちらから

エコ・ゴコロ
破れたズボンを持ってきて「これ直しちょって」と手渡す父。
仕事柄、現場や作業場でひっかけて破くことも多くいつものように
修繕用にストックしておいた同じ布の切れはしで破れた部分に継ぎ
あてし繕っ ていきます。

⇒この記事の続きはこちらから

健康サプリ
る特定の果物や野菜を食べた後、口や唇にかゆみや腫れを起こす
症状を口腔アレルギー症候群といいます。この口腔アレルギー症候群
は花粉症の患者さんに発症することが多く、その理由として花粉に含
まれる原因物質(アレルゲン)と食物に含まれるアレルゲンの構造が
一部共通していることから体内の
IgE抗体が反応し発症すると考えら
れています。

花粉の種類         果物・野菜

スギ・ヒノキ     ⇒   トマト
ハンノキ・シラカバ  ⇒  リンゴ・モモ・ナシ・メロン・イチゴ
                 サクランボ
イネ科        ⇒   メロン・スイカ・オレンジ・トマト
ブタクサ       ⇒   スイカ・メロン・バナナ・キュウリ
ヨモギ        ⇒   キウイ・ニンジン・セロリ
               (関連アレルギーから一部抜粋)

予防としては、医療機関を受診し口腔アレルギー症候群の原因となる
果物や野菜を確認し食べないようにすることです。また果物や野菜に
よっては加熱することで食べることが可能なものもありますのでお医
者さんに相談してみましょう。

 おうちCafeへようこそ
おうちCafeへようこそ
◇「春の彩りパスタ ~アンチョビソース~」

 今が旬の春野菜を使ったパスタです。アンチョビーとニンニクの風味が
きいていているので食欲そそる一品です。

⇒作り方はこちらから

◇「スモークサーモンのトマトクリームパスタ」

スモークサーモンの塩味とトマトソースの酸味、チーズのコクを加えた
パスタです。菜の花を添えていただくとより春を感じることができます。

⇒作り方はこちらから

 

 

 

 

 

カテゴリー:ひだまりブログ, ニュースレター|コメントはまだありません

▲このページのトップに戻る